スポンサードリンク



肩こり解消 漢方

つらい肩こりに漢方


つらい肩こりに漢方

肩こりは肩、首筋、背中がこって硬くなり、痛みを感じたり、ひどい症状
では吐き気を伴う場合もあります。肩こりは日本人に多いといわれています。

原因としては、ストレス、姿勢の悪さ、寒冷、運動不足、病気によるもの
などがあり、慢性化すると、苦痛を伴い日常生活にも影響を与えます。

このようなつらい肩こりの症状も、漢方により「気」や「血」の流れを改善
して、痛みを軽減することができます。

後頭部から首筋、肩にかけての痛みは、ストレスなどで「肝」の機能が
滞っている「気滞」の方に多く、頭痛やイライラが見られます。

このような時は、趣味や運動などでストレスを発散して、気の流れを良く
する食材を摂ることで効果が見られます。

押すと首や肩が硬く痛いのは「お血」のタイプに多い症状です。
同じ姿勢を、長時間続けることでうっ血し、血液の流れが悪くなることで
起こります。

このような方はこまめに姿勢を変え、適度な運動して、全身の血行を促進
して、全身が冷えないようにすることが必要です。

肩こりの症状はあるのに、さわっても固くない、太り気味の方に多く体内
に余分な水分が溜まるのは「水滞」タイプです。
脂肪分の多い食べ物を控え、身体をよく動かして水分の代謝を促すこと
が大切です。

押しても痛くなく、肩が固い、、またこっているのに自覚症状がないのは
「血虚」タイプです。血液不足で起こります。

過労や月経で失われた血液を、増やすことが大事です。
血液を増やし、補う食材を多くとるようにします。








スポンサードリンク




Powered by Seesaa